年金分割

まさかの離婚は他人事じゃない

熟年離婚なんてワイドショーの中の話 で自分には関係無い、そんな風に思っている方が多いと思われます。 しかし、現代日本では残念なことに熟年離婚をされる方がどんどん増えてきています。 もう女は三界に家なしなんて時代ではないのです。 それまでの鬱憤がたまって、冷え切った夫婦生活に定年退職を機にピリオドを打つなんてこともみられます。 離婚は、もう他人事ではないことは一応知っておいたほうがよろしいでしょう。

さて、奥様方にとって不安なのは離婚後の生活です。 まぁ、離婚の原因が何であるかはわかりませんので、どちらが慰謝料を払うとか払わないとかは個々人の事情次第です。 問題なのは、離婚後の生活に必要不可欠になってくる年金です。 特に専業主婦だった皆様にとって、年金は生命線です。 しかしながら、専業主婦ということは実際に会社や役所に勤めて給料から天引きの形で年金を払っていたのは旦那様ということになります。 自分が支えてきたから払えたんだ!と異論を挟みたくなる気持ちはわかりますが、法律上ではそういう扱いになってしまうのです。

ですが、ご安心ください、現代の法律はそんなに奥様ばかりが不利になる法律ではありません。 年金分割などを訴え出れば、夫と年金を公平に分割することができますので、皆様だけがもらえないということはありません。 それぞれの理由で離婚なさるのは皆様の自由です、ですが、こうした年金分割などを知ることなく離婚するのは流石に無謀といえます。 離婚して第二の人生を切り拓いていくには、どうしても年金は必要です、離婚する前に必ず年金は確保しなければなりません。

↑ PAGE TOP